マッサージの資格

専門学校に行ってマッサージの国家資格を取る

マッサージにはあん摩マッサージ指圧師という国家資格があります。
これを取るには専門学校に通わなければなりません。
どこかに弟子入りして取れるものではないのです。
きちんとした公的資格であるこの資格を取得して初めて、マッサージ師と名乗ることができます。
ですがこの免許を取ったところで腕がよくなるわけではありません。
あくまで免許であり、車の運転と同じく実技経験を積まなければうまくなりはしません。
専門学校は様々な特色を持っています。
自分の尊敬できるマッサージの先生がいるところを選ぶといいでしょう。
また、手技が明らかに自分の思っているものと合わなければ、学費がもったいないどころか通うのが苦痛となってしまいます。
まずオープンキャンパスに行くなどしてどういう手法を教えている学校なのか調べてみてください。
学校は学ぶ場であり経験を積める場ではありませんので、加えていろいろなお店で学生のうちにアルバイトをするのもいい経験になります。
いざ就職したときに頭でっかちで役に立たないと言われないように、腕を鍛えておきましょう。

マッサージの資格とはどんな物か

マッサージと一言で言っても、現在では色々な種類があります。
昔ながらの針灸やあん摩・指圧などという物は国家資格が必要になってきます。
都会で流行っている、整体やクイックマッサージには特に資格を必要としません。
接骨院などで、治療をしてマッサージをする方は、柔道整復師の資格を持っています。
もちろん、どの種類だから効果が高い低いという訳ではありません。
本人が必要とする形での施術を受ける為に違いを知っておく必要があります。
繁華街にあるクイック整体院は、取りあえず肩が凝ったから揉んで欲しいという方にお勧めします。
それなりに体の仕組みを勉強しておられますので軽い凝りでしたら改善できるでしょう。
あん摩は痛みが酷く外傷が無い場合に、治療として施術できるものです。
柔術整復師は、外傷なども診察できます。
大きく腫れ上がっていたり、見るからに物理的な治療が必要な場合に受診し保険も利くのが特徴です。
大きく分けても3つの種類が存在します。

check

最終更新日:2018/6/18